株式投資伊藤塾

20万円で始めるはじめての株式投資。

*

テクニカル分析の基本(株価チャートを読む)

   

テクニカル分析の基本は「ローソク足」を知ることから

テクニカル分析を行うには、過去の「価格の動き」、「時間経過」を重ね合わせた「値動き」のデータが必要となります。その値動きを数字ではなく「視覚的」に示すためにグラフ化したものが「株価チャート(罫線(けいせん)」です。

株式相場には「4本値(よんほんね)」と言われる株価表示があります。その日の一番最初に寄り付いた価格が「始値(はじめね)」、その日の大引け(終了時)の一番最後に取引された価格を「終値(おわりね)」と言います。また取引時間中に一番高い値段で取引された価格を「高値(たかね)」反対に一番安い値段で取引された価格を「安値(やすね)」と言い、「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの価格を「4本値」と言い、チャートで表現される「ローソク足」はこの「4本値」の数値を基に描かれます。

1日の「4本値」で1本のローソク足を描くのが「日足(ひあし)」と言います。1週間の「4本値」で1本のローソク足を描くのが「週足(しゅうあし)」、1か月間の「4本値」で1本のローソク足を描くのが「月足(つきあし)」と言います。

ローソク足は「陽線」と「陰線」に大別できます。寄付きの価格より、大引けの価格が高く終わった(株価が値上がりして終わった)場合は「陽線(ようせん)」となり一般的に「白い棒(白抜き)」で表されます。反対に寄付きの価格より大引けの価格が安く終わった(株価が値下がりして終わった)場合は「陰線(いんせん)」となり一般的に「黒い棒(塗潰し)」で表されます。

始値と終値で表される「棒」を実体とよび、高値や安値を表すものに「髭(ひげ)」があります。「髭」は「実体」の価格幅より場中に「高値」を付けた時に「上髭(うわひげ)」と言って「実体」上に線で表現します。反対に「安値」が実態の幅よりも下に位置する場合は「下髭(したひげ)」となります。

以上のことから「ローソク足」の形状は上に長い髭を伸ばしたものや反対に下に長く髭を伸ばしたもの、実体だけのもの、少しだけ髭が出ているものなど、色々なバリエーションがあります。その形状の組み合わせによる、「ローソク足分析」なるテクニカル分析もあります。

このローソク足を時系列に並べたものが「株価チャート」になります。チャート画面は縦軸に「価格」、横軸に「時間」が表示されることから、チャートの傾きは「速度」を表すことになります。最近は、我々のパソコンでも膨大なデータ処理が可能になったため長期間のチャートを1画面に凝縮したり、当日の値動きがリアルタイムにチャートに表示されたりできるようになりました。

また、デイトレーダー(日計り)向けに1分足、5分足、10分足等の短期間のローソク足の描画も可能になっています。

自らが方眼紙に記録を付けるのではなく、パソコンが画面で表示してくれますので、我々は「感覚」でチャート分析できるようになったことは凄いことです。

 - テクニカル分析 , , , , , ,